高等遊民になりたい

高等遊民になりたい大学生がいろいろ書きます。

ゲノム編集についての本まとめ ゲノム編集って何?遺伝子組み換えとは違うの?

f:id:high_u:20180902150608p:plain

廃油です


あなたは、ゲノム編集って何か知っていますか?


ゲノム編集は、あのGoogleやビルゲイツが大注目している技術です


ビル・ゲイツは、ゲノム編集は人類が大きな問題に直面したときに立ち向かうためのテクノロジーだとまで言っています


そんな重要な技術なのに、まったく何も知らないままでいいのでしょうか?


良くないでしょう!


というわけで今回は、ゲノム編集について知ることのできる本を紹介していきます


ぼくのような文系の人間でも理解できるように書かれた本を紹介するので、どれか1冊だけでも読んでゲノム編集についての知識を身に着けておきましょう!




ゲノム編集とは

ゲノム編集とは簡単に言えば、遺伝子の一部を切り取ったり追加したりすることのできる技術のことです


このゲノム編集の技術により

  • エイズなどの遺伝病の治療
  • 作物の改良

などが可能になります


また、人間の能力や見た目の改良もゲノム編集によって可能になるとも言われています

ゲノム編集と遺伝子組み換えはなにが違うのか

作物の改良っていうと遺伝子組み換えとなにが違うの?って思いますよね


遺伝子組換えは、別の生き物の遺伝子を作物に組み込むことで行われます


そしてなんと、その遺伝子がどの部分に組み込まれるのかという指定を正確にすることはできません!


だから「遺伝子組換えは副作用があるかもしれないから危ない」っていわれてるんです


一方で、ゲノム編集の場合にはその生物自信の遺伝子を編集するだけなので、別の生物の遺伝子は入り込みません


また、ゲノム編集の場合には遺伝子組み換えと違って狙った遺伝子を正確に編集することができます


つまりゲノム編集は遺伝子組み換えよりは品種改良に近いってことです


ゲノム編集についての基本的な知識と、遺伝子組み換えとの違いがわかったところで、ゲノム編集について学ぶことのできる本を紹介していきます


ゲノム編集についての本

ゲノム編集の衝撃 「神の領域」に迫るテクノロジー

この本は、ゲノム編集についての専門的な知識に深く踏み込むというよりは、ゲノム編集って何?っていうことを知るための入門書みたいな本です


なので生物についてとか知らなくても普通に読めるし、内容もそんなに難しくありません


『ゲノム編集の衝撃 「神の領域」に迫るテクノロジー』はKindle Unlimitedで読むことができるので、ぜひ読んでみてください


初回30日間は無料で利用できます

ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃

『ゲノム編集とは何か』は新書なので、サラッと読んでゲノム編集について知ることができます


ゲノム編集という技術についてというよりは、ゲノム編集によってどんな影響があるのかについて詳しく書かれています


ゲノム編集の規制についてや、Googleがゲノム編集に対してどう動いているのかなどの周辺情報もこれ1冊で知ることができます

ゲノム編集からはじまる新世界 超先端バイオ技術がヒトとビジネスを変える

『ゲノム編集からはじまる新世界』


このタイトルだけで超ワクワクします


この本も前2冊同様わかりやすくゲノム編集について解説されているため、理系でなくてもしっかりとゲノム編集について理解することができます


ゲノム編集の原理やどのように技術が進歩していったのか、ゲノム編集によってどんな影響があるのかなどがバランスよく書かれています


なので、ゲノム編集によって何が起こるのかだけでなく、ゲノム編集の技術そのものについても知りたいという人は『ゲノム編集からはじまる新世界』を読むと基礎的なことが理解できると思います


ここからは、ゲノム編集の研究者が、自分の研究について書いているものを紹介します

ゲノム解析は「私」の世界をどう変えるのか? 生命科学のテクノロジーによって生まれうる未来

この本の著者である高橋祥子さんは、ジーンクエストという遺伝子解析サービスの代表をつとめています

genequest.jp


要は遺伝子研究のエキスパートってこと!


そんな高橋祥子さんの、ゲノム編集についての知見を書いた本が、『ゲノム解析は「私」の世界をどう変えるのか? 生命科学のテクノロジーによって生まれうる未来』です


ゲノム編集についてだけでなく、研究者目線でどう考えているのかも知ることができるのがこの本の面白いところ

CRISPR (クリスパー) 究極の遺伝子編集技術の発見

この本は、クリスパーというゲノム編集の技術を生み出したジェニファー・ダウドナさんの本です


ゲノム編集の技術をどのように発見したのか?を知りたい人はこの本を読むのが一番いいでしょう。だって見つけた人の本なんだもの


今回紹介したほかの本と比べるとむずかしめだし、「発見」のほうがメインなのでゲノム編集の入門には向かないかも


とりあえず別の本でゲノム編集の基本的なことについて知ってから、クリスパーについてもっと詳しく知りたいって人向けの本です

まとめ:これからゲノム編集は激アツ!いまのうちに勉強しておこう

ゲノム編集はこれからどんどん伸びていく分野です


まだ新しい技術だから、いまのうちに本を読んで基本的なことを知っておけばとりあえずはバッチリです


これからゲノム編集の開発が進んでいって、わけのわからん情報も増えると思う


でたらめな情報にだまされないように、そして、ゲノム編集の技術を自分自身でも活用できるように、いまのうちから学んでおくことをおすすめします


そんなこんなの今回です。
それでは次回も、何卒!