高等遊民になりたい

高等遊民になりたい大学生がいろいろ書きます。

『スタンフォード式 疲れない体』IAP呼吸法という最強の呼吸法

廃油です


とてつもない本を見つけてしまいました。タイトルは『スタンフォード式 疲れない体


最近この手のタイトル多いな!スタンフォードとかつけとけば喜ぶと思ってんのか!と思いつつもまんまと購入して読んでみました


結論からいうと、スタンフォード式すげぇって感じです

  • 疲れやすい
  • 呼吸が浅い
  • 姿勢が悪い

っていうぼくの悩みを解決するために書かれたかのような本


もし同じような悩みを持っている人がいたらこの本は絶対に読んだほうがいいです

疲れない体を作らないと生きていけない

人間の疲れというのは目に見えません


体の病気は認められるのに心の病気は「甘えだ」とか言われちゃうのと同じで、疲労というのも軽視されています


疲れがたまるとパフォーマンスが下がるし、疲労がたまるとなにか病気になったりします。最悪の場合には死ぬ可能性もあります。過労死とかね


つまり、自分の体が疲れているんじゃないかってことにも注意しなきゃだめだってことです


残念ながらいまの社会は「疲れている」くらいで休むことができません


本当は疲労という重大なものにもしっかりと目を向けて、疲労がたまっていたら簡単に休めるような雰囲気なのが一番なんだけど、残念ながらそうではない


じゃあどうすればいいかっていうと、疲れない体になればいいんです


疲れない体になればばっちりと生きていけます


そして、疲れない体を持つために重要なのが日常生活でどのような動きをするかということです


具体的には、呼吸と姿勢です


姿勢が良ければ疲れを最小限におさえた動作をすることができるし、しっかりと呼吸をすれば姿勢を良くすることができます


というわけで、疲れないための呼吸と姿勢について詳しく説明していきます

IAP呼吸法(腹圧呼吸法)のやり方

まずは呼吸法ですが、IAP呼吸法というものが疲れない体に不可欠な呼吸法です


IAP呼吸法は別名腹圧呼吸ともいいます


腹式呼吸と名前が似ていますがまったくの別物です。ぼくと玉木宏くらい違います


腹式呼吸は息を吸う時におなかをふくらませて、息を吐くときにおなかをへこませますよね


一方で、腹圧呼吸=IAP呼吸法では、息を吐くときにもおなかをふくらませます


  1. 5秒かけて鼻から目一杯息を吸い込み、お腹をふくらませる
  2. お腹をふくらませたまま、5~7秒かけて息を吐く


こうすることでおなかの中の圧を高め、体の中心を安定させることができるというわけです

IAP呼吸法の効果

「IAP呼吸法」を実践すると、次のような効果が期待できます。


・腹圧が高まることで体の中心が、しっかり安定する
・体幹と脊柱が安定すると、正しい姿勢になる
・正しい姿勢になると、中枢神経と体の連携がスムーズになる
・中枢神経と体の連携がスムーズになると、体が「ベストポジション」になる
・体が「ベストポジション」になると、無理な動きがなくなる
・無理な動きがなくなるとは、体のパフォーマンス・レベルが上がり、疲れやケガも防げる
スタンフォード式 疲れない体

このように、IAP呼吸法を身につけると疲労のたまりにくい体を作ることができます

IPA呼吸じゃないよ

「IAP呼吸」じゃなくて「IPA呼吸」で検索してきてる人が結構いるよ!!


IAP呼吸が正しいよ!!!


実はぼくもこの記事書いてる中で何回かIPA呼吸って書いてました


間違えないでね。IPAじゃなくてIAPです

姿勢が悪いと体に負荷がかかる

IAP呼吸法の効果として、「体がベストポジションになる」というものがありました


では、もし体がベストポジションでない場合にはどうなってしまうのでしょうか


体がベストポジションでない=姿勢が悪いと、体にムダな負荷がかかります


たとえばぼくみたいなハイパー猫背男は体に負担を与えまくっているということです


人間の頭は約5キロほどあります


この5キロの物体が体の一番上の、首の上っていうめちゃめちゃバランスの悪い位置にあるわけですが、これを支えるのはかなりの負担になるはずです


5キロもある頭を首だけで支えるというのはものすごく負担のかかる行為で、だからこそ姿勢を良くして体をまっすぐにすることで、首だけではなく体全体で頭を支えることができるようになっています


しかし、猫背だと頭が体の前に出てしまいます


つまり、猫背というのは5キロの物体をほぼ首だけで支えている状態になっているということです


そりゃ疲れがたまりますわな


本来人間の体は一番負担の少ないバランスで成り立っているはずなんです。でも体のバランスがゆがんでいるとそれがぶっ壊れてしまいます


バランスのぶっ壊れた状態で24時間すごしていたらムダに疲れがたまっていくのは当然です

IAP呼吸法で体のバランスを整える

IAP呼吸法の効果に示されている通り、IAP呼吸法を取り入れることで姿勢を良くすることもできます


体の中の圧を高めて内側から固めることでガシッとバランスのとれた姿勢を保つことができます


つまり、疲れにくくするための呼吸=IAP呼吸をすることで、疲れない姿勢も手に入れることができるということです

疲れない体をつくる方法

身体のバランスを整えて姿勢を良くするということ以外にも、『スタンフォード式 疲れない体』にはIAP呼吸の効果が数多く書かれています


また、IAP呼吸法以外にもさまざまな「疲れない体」を作るための方法が紹介されています


具体的には

  • 疲れない体を作るための食事術
  • 疲れを増やしてしまう禁断の食事
  • 疲れない体のためのX理論
  • 疲れないための日常動作
  • 疲れないためのマインドセット

などです


そして、この記事では触れなかった「疲れを回復するための方法」も紹介されています


筆者の山田知生さんはスタンフォード大学のアスレティックトレーナーをしていて、この本の内容もしっかりとしたエビデンスに基づいたものです


疲れが溜まりやすくて悩んでいるというひとはぜひ『スタンフォード式 疲れない体』を読んでみてください